脳出血 発症2年(A様)

The following two tabs change content below.
生野 達也

生野 達也

プロフィール

・名前:A様(神奈川県)

・脳出血、左片麻痺

・発症から約2年

・お悩み:「退院後、徐々に歩くのが下手になった」

 

リハビリの感想

 僕は、(再発がないのに)歩くのがだんだん下手になってきていました。麻痺側の足が地面に張り付いて、足が持ち上がらないので、必死に持ち上げて歩いていました。実際にリハビリを受けてみて、今まではがむしゃらに歩いていたけど、「これが歩きの基礎」なんだなってわかりました。これから基礎に習って練習してみます。今まで基礎がなかったので、がむしゃらに歩けばそのうち歩けるようになるんだって安易に考えていました。今、歩きの基礎から教えてもらえたので、もう少し頑張ってみようと思います。

 今までの2年受けたリハビリは、「どうやって歩け」とか「こうして歩け」とか具体的な指摘はなくて、ただ(リハビリのセラピストが)後ろにくっついて歩いているだけであった気がします。今までのリハビリは、基礎から教えてもらっていなかった。我々は、どうやったら良いかは自分ではわからなかったから、セラピストに言われるままにがむしゃらに歩いていただけでした。それが、なかなか良くならないので、先生の動きのコツのリハビリを受けてみようと思いました。動きのコツのリハビリを受けてみて、なんとなく大丈夫なんじゃないかって気がしてきました。これから教えてもらったことを軸に練習してみます。

The following two tabs change content below.
生野 達也

生野 達也

もう無駄な努力なんてしなくていい!「脳梗塞から半年経ってても楽に動けた!」という感想続出のヒミツを教えます『自宅でできる動きのコツ』リハビリ講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事