脳出血 発症15年(土井畑様)

The following two tabs change content below.
生野 達也

生野 達也

 

プロフィール

・名前:土井畑京子様(大阪府)

・脳出血、左片麻痺

・発症から約15年

・お悩み:「腰から足が突っ張って痛い」、「足が内反して不安定」

 

 

リハビリの感想

 発症から15年間、麻痺側の腰から足が突っ張って痛い悩みがありました。正直、動きのコツのリハビリを受けるまでは「意識するだけ」でどれだけ変わるか疑問がありました。今までのリハビリは、触ったり揉んだり動かしたりといったものだったので、今までのリハビリとは全く違うものでした。

 実際に動きのコツのリハビリを受けてみて、今まで体重移動の仕方とかは言われたことがあるけれど、ここまで細かく言われたことがなかった。15年間、「お肉がなくて骨の点で支えているお尻」や「立ち上がろうとしても、膝が勝手に曲がってしまって地面にしっかりつかない足の裏」が実際に言われた通りに意識してみると、「お尻の肉が出てきて点ではなく面で支えられる」「膝も自然と曲がらず、足の裏もしっかり地面につく」ようになりました。本当に目から鱗で、「意識するだけでこんなに変わるんだ」とびっくりしました。

 今まで15年間受けてきたリハビリでは、良くなるどころか突っ張りや痛みが強くなってきていました。それが、意識するだけで、痛みが軽減したのが驚きでした。歩いていても腰と太ももが痛かったのですが、痛みも減って歩きやすくなりました。意識するだけで、その瞬間に変化があることが驚きました。

The following two tabs change content below.
生野 達也

生野 達也

もう無駄な努力なんてしなくていい!「脳梗塞から半年経ってても楽に動けた!」という感想続出のヒミツを教えます『自宅でできる動きのコツ』リハビリ講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事