監修者紹介

沖田一彦(おきた・かずひこ)

県立広島大学保健福祉学部理学療法学科教授,修士(教育学),博士(医学)
理学療法士

≪略歴≫
1981 年 高知医療学院理学療法学科卒
1981 年 ~ 1987 年 国立療養所福岡東病院理学診療科および愛宕病院リハビリテーション科理学療法士
1987 年 ~ 1995 年 高知医療学院理学療法学科専任講師
1995 年 ~ 広島県立保健福祉短期大学専任講師,広島県立保健福祉大学助教授
2004 年~ 現職

《メッセージ》
脳卒中(脳梗塞や脳出血)後のリハビリを進めるたには,まずはこの病気のことについて正しく理解することが大切です。この場合,脳卒中の原因についての医学的な理解(たとえば高血糖や高血圧が脳の血管に悪影響を与えたなど)は再発の防止という意味で大切ですが,自分の手足が思うように動かないのはなぜか,筋肉の緊張が高いのはなぜかといった点についての理解も,動きの改善という意味でとても重要になります。この点ついて当サイトは,脳と身体の動きの関係について,脳科学や認知科学の観点から新しい情報を提供しています。

 


長谷川正哉(はせがわ・まさき)

県立広島大学保健福祉学部理学療法学科教授,修士(保健福祉学),博士(保健学)
理学療法士

《経歴》
1999年 広島県立保健福祉短期大学理学療法学科卒業
2001年 広島三菱重工附属病院入職
2004年 広島県立保健福祉大学理学療法学科助手
2007年金城大学医療健康学部理学療法学科講師
2008年 県立広島大学保健福祉学部理学療法学科助教
2010年 県立広島大学保健福祉学部理学療法学科講師
2014年 県立広島大学保健福祉学部理学療法学科准教授

2019年 県立広島大学保健福祉学部理学療法学科教授

《メッセージ》
医療、介護保険制度の改定からいわゆる「リハビリ難民」が増加しています。適切なサービスを受けられない事ももちろんですが、最大の困りごとは「必要な情報が手に入らない」「相談したくても出来ない」ことではないでしょうか?動きのコツ協会が運営する当サイトでは『脳』を専門とする理学療法士や当事者が主体となり、日々更新される質の高い科学論文をご自宅でも使える「動きのコツ」や「生活のコツ」に応用し、その情報を発信しています。

 


生野達也(いくの・たつや)

一般社団法人 動きのコツ協会 代表理事
修士(保健福祉学),理学療法士

《経歴》
2002年 吉備国際大学理学療法学科卒業
2002年 近森リハビリテーション病院入職
2006年 摂南総合病院認知神経リハビリテーションセンター入職
2012年 県立広島大学大学院総合学術研究科卒業
2013年 脳卒中専門リハビリスペース 動きのコツ研究所開設
2017年 一般社団法人 動きのコツ協会設立 代表理事

《メッセージ》
現在、インターネットを通じて様々な病気やリハビリに関する情報を得ることができます。しかし、あまりに情報が多いこともあり、専門的な知識のない一般の方からは「どの情報が正しいのか?」わからず困っている声を耳にします。そこで、国家資格を持ったリハビリ専門職がしっかりした根拠のある情報をもとにして、一般の方向けにわかりやすく届けるためのサイトを作りました。これからも多くの方の役にたつ情報を増やしていきます。

もう無駄な努力なんてしなくていい!「脳梗塞から半年経ってても楽に動けた!」という感想続出のヒミツを教えます『自宅でできる動きのコツ』リハビリ講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加