新型コロナウイルス感染症でリハビリが不安な脳梗塞の方へ

The following two tabs change content below.
生野 達也

生野 達也

・講師資格: 理学療法士、脳梗塞リハビリセラピスト、保健福祉学修士 ・居住地 兵庫 ・活動地域 全国 ▷執筆者プロフィール詳細

 

 

みなさんこんばんは。

一般社団法人 動きのコツ協会で代表理事を務めています

理学療法士の生野達也です。

 

 

 

 

今回は、新型コロナウイルス感染症への不安が広がる中で

私たちが行っている

「自宅でできるリハビリ動画支援」

について紹介します。

 

 

新型コロナウイルス感染症で脳梗塞のリハビリができない不安

 

 

日本全国に緊急事態宣言が広がり、

新型コロナウイルス感染症の影響が各地で

広がっています。

 

 

 

脳梗塞や脳出血による麻痺をもつ方々は

外出自粛だけではなく、リハビリを休んでいる方も

増えていると耳にします。

 

 

その中で、

「リハビリを休んでいるので、体が弱りそうで不安」

「自宅で一人でリハビリをしようとしてもやり方がわからない」

という不安の声が増えてきています。

 

 

距離を超えて脳梗塞のリハビリで「私たちができること」を探す

 

 

日本全国からこのような不安の声が寄せられる中、

「私たちができること」を必死に考えました。

 

 

動きのコツ®︎のリハビリは「意識するだけで指導する

という特徴があるので、テレビ電話を使った指導でも

成果を出すことができます。

 

 

しかし…

 

 

現在の日本ではこうした脳梗塞や脳出血の方々への

遠隔リハビリに関する法整備が整っていません

 

 

そのため

「動きのコツ®︎のテレビ電話指導で日本全国の

           困っている方の力になる」

という支援は行いにくい問題がありました。

 

 

 

その中でも、

日本全国に困っている方々のために

何か私たちにできることはないものか?

必死に考えました。

 

 

ひらめきによって生まれた「脳梗塞リハビリ動画支援」

 

チームみんなでの意見交換の中でひらめいたのが

「電話で悩み相談をしてもらい、YouTubeに公開している

550本の動画の中からその方にあった動画を選んであげる」

という「リハビリ動画支援」という形でした。

 

 

もちろん、テレビ電話を使って直接指導できる方が

リハビリの効果は大きくなります。

 

 

しかし、法整備が十分ではない状態ですべきではありません。

 

 

そのため、「リハビリ動画支援」という形で日本全国の

困っている方々の力になることを決意しました。

 

 

 

「やる!」と決意したのが3月7日土曜日。

 

 

そこから、チーム全体で急ピッチで準備を進め、

3月12日からの支援開始となりました。

 

リハビリ動画支援ページコチラ

 

 

メディア掲載の一方でわかった脳梗塞リハビリ支援の課題 

 

 

その後、とてもありがたいことに

新聞7紙、Webメディア2本に取り上げていただきました。

 

 

・神戸新聞(2020.3.15)

 

 

・FNN PRIME(詳細はコチラ

 

 

・読売新聞(2020.3.18)

 

 

・毎日新聞(2020.3.28)

 

 

・シルバー新報(2020.3.27)

 

 

・シルバー産業新聞(2020.3.30)

 

 

・介護ポストセブン(2020.4.5)(詳細はコチラ

 

・毎日新聞(2020.4.10)

 

 

・日経新聞(2020.4.15)

 

 

しかし…

 

 

この1ヶ月でご相談いただいた件数は約80件

 

 

まだまだ、困っている方に届いていません

 

 

電話相談をいただき、動画をプレゼントした後では

「動画を見てやるだけでこんなに楽になるんやね!!」

という喜びの声をいただきます。

 

 

しかし…

 

 

「はじめは電話でリハビリって不安だったわ」

「興味はあったけど、相談するまでドキドキしたわ」

という声を頂いたのです。

 

 

 

そうです。

 

 

「脳梗塞のリハビリ=揉んでもらう」

「脳梗塞のリハビリ=動かしてもらう」

「脳梗塞のリハビリ=セラピストと一緒にする」

というイメージが強いことで

「電話でリハビリの支援をする」

ということに対して、相談しにくいのでした。

 

 

まだまだ伝えたりません。

 

 

しかし。

 

 

・一度、体験してもらたら

・他の体験者の声を届けたら

・実際の支援の様子を伝えられたら

きっと

「そんなに良さそうなら私も相談してみようかな」

と思っていただけるはず。

 

 

そこまで、私たちが伝えることができれば

もっと日本全国に笑顔が広がるはず。

新型コロナウイルス感染症への不安が広がる中で、

私たちが少しでも笑顔を届けられるはず。

 

 

そう信じて、これからも支援を続けていきます。

 

 

新型コロナウイルス感染症でリハビリの不安のある脳梗塞の方へ

 

 

この記事を見て、少しでも興味を持って頂いた方は

以下のサイトより気軽に無料の電話相談をしてください。

あなたの笑顔のために想いを込めて支援させていただきます。

 

リハビリ動画支援ページコチラ

 

 

 

また、「やっぱり電話相談は恥ずかしいな」という方は

まずは365日毎日、自宅でできるリハビリ情報が無料で届く

「自宅でできる動きのコツリハビリ講座」に登録することから

試してみてくださいね。

 

きっと、一歩前に進めるきっかけになるはずです。

 

もう無駄な努力なんてしなくていい!「脳梗塞から半年経ってても楽に動けた!」という感想続出のヒミツを教えます『自宅でできる動きのコツ』リハビリ講座

※登録したのに届かない方はコチラ

The following two tabs change content below.
生野 達也

生野 達也

・講師資格: 理学療法士、脳梗塞リハビリセラピスト、保健福祉学修士 ・居住地 兵庫 ・活動地域 全国 ▷執筆者プロフィール詳細

もう無駄な努力なんてしなくていい!「脳梗塞から半年経ってても楽に動けた!」という感想続出のヒミツを教えます『自宅でできる動きのコツ』リハビリ講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事